薬を飲む女性

ピルは正式には低用量ピルと呼ばれるものという点を把握していないという方も多くいます。多くの人がイメージする飲むメリットというのが、望まない妊娠を避けるというものです。実は妊娠を避けられるというだけではなく、そのほかにも複数のメリットが存在しています。まずはどのような効果があるのか把握し、より良い形で低用量ピルを利用できるようにしましょう。例えば飲むことによって得られる効果に、生理痛の症状を和らげるなどの点があげられます。

飲むメリットについて考えてみよう

コンドームを使って避妊をしていれば、100%の確率で妊娠が避けられると思っていませんか。ですが実際には100%ということはなく、中には妊娠してしまうケースも見られます。そこで低用量ピルを利用することで、高確率で避妊効果が得ることが可能です。また服用することで、妊娠しにくい体になるというイメージを持っている方もいます。実際には服用を辞めることで、元通りの通常の排卵が起こるので問題なく利用できます。

さらに低用量ピルを服用するメリットの1つが、女性ホルモンのバランスが整えられるという点です。女性ホルモンのバランスが整うことで、メンタルが安定にもつながります。生理不順や生理痛の解消だけではなく、肌荒れの改善につながるケースも見られます。例えば生理不順の場合、開始日がわからずに旅行の計画が立てにくいということもあるでしょう。低用量ピルの効果が整理が安定することで、プライベートのスケジュールも管理しやすくなります。

生理痛が酷いという場合には、日常生活に大きく影響してしまうケースも見られます。痛みがひどく整理のたびに仕事や学校を休まなければならない状態の方もいます。服用して生理痛の痛みを軽減できれば、日常生活への影響を抑えられます。自分に合った形で服用できるというのもポイントの1つです。

このほかにも排卵によって卵巣が傷つくことで起きる可能性がある卵巣がんや、女性ホルモンの乱れが発祥のきっかけになる子宮がんのリスクを減らすことも可能です。さまざまな利点が期待できるという点を把握しておきましょう。

実際に服用するときには、注意点も合わせて確認することが大切です。例えばピルを服用しているしても、コンドームを使わないと性感染症などのリスクが高まります。性感染症の予防効果はないので、性行為をするときには必ずコンドームを使用するようにしましょう。

また喫煙をしているという方は、服用する前に禁煙をすることも忘れてはいけません。喫煙している方が服用すると、血栓症のリスクが上がってしまいます。心筋梗塞や脳梗塞につながることもあるので、服用を考えているなら事前に禁煙をすることも必要です。

仕組みも含めて考えていくことが大切

低用量ピルを飲めば避妊できるというイメージだけで服用を決めるという方も多くいます。ですが服用のメリットを知るだけではなく、どのようなメカニズムなのか把握しておくことも大切です。メカニズムも含めて把握することで、適切に使いやすくなっていきます。

そもそも女性ホルモンは2種類に分けることができ、2つのホルモンがバランスを取ることで一般的な月経周期を作っています。そしてホルモンには、次の月経まで排卵が行らないように抑制する効果があります。低用量ピルには2つのホルモンが含まれているので、排卵が起こらないという仕組みなのです。

さらに服用することで、子宮内に作用して子宮内膜が肥厚するのを防ぐ効果も見られます。子宮内膜というのは、妊娠した場合に備えて少しずつ厚くなっています。女性ホルモンを分泌させずに子宮内膜が厚くなるのを防げれば、排卵が起きても受精卵が着床しにくい状態にできます。

妊娠しにくい状態にできると言われても、低用量ピルは体への悪影響がないか心配という方もいるでしょう。基本的には体への負担はないため、安心して服用することが可能です。ただし飲み始めたばかりの頃は、つわりのような症状が現れるケースも見られます。軽度の吐き気や乳房の張りなどの症状が出ることもありますが、通常は2~3ヶ月すれば治ります。不安な点があれば、主治医に相談するようにしましょう。

低用量ピルによるメリットを得たいときには、産婦人科を受診する必要があります。産婦人科で診察を受けることで、処方してもらうことが可能です。また避妊目的で服用するときに大切なのが、毎日飲む習慣を作っていくという点です。飲み忘れると効果がなくなってしまうという点を忘れずに服用することが大切です。

実際に産婦人科へ行って処方してもらうとき、何ヶ月分かという点は医療機関によって異なります。処方してもらう前に、量などの点も忘れずに確認しておきましょう。服用している場合には、処方のための受診以外でも定期的に検診を受けることも大切です。定期的な検診を心がけることで、健康などに注意してメリットを活かしながら低用量ピルを服用することにつながります。