• ホーム
  • 知っておこう!月経前症候群に低用量ピルはどのくらい効果がある?

知っておこう!月経前症候群に低用量ピルはどのくらい効果がある?

2020年06月26日

生理前になるとイライラしてしまう、もしくは落ち込んだりしやすいという方もいるでしょう。そのような方は、月経前症候群の可能性があります。月経前症候群とは、月経前の1~2週間津木菟精神的もしくは身体的な症状の総称です。一般的には月経がはじまると症状は改善していきます。

実際に月経前症候群の症状には、イライラや不安感以外にもさまざまなケースがあげられます。のぼせや頭痛、さらには精神的に不安定になってしまうという方もいます。また食欲が増したり、集中力の低下などの形で症状が出てくるケースも見られます。頭痛などの痛みの度合いも人によって異なっていて個人差が大きいというのも特徴の1つです。

月経前症候群で注意しなければならない点の1つが、ほかの人に迷惑をかける可能性もあるという点です。例えばイライラしていると、家族や友人に八つ当たりして関係が悪化するかもしれません。また頭痛などの痛みや集中力の低下は、仕事のミスにつながるリスクもあります。周りに迷惑をかけないようにするためにも、必要に応じて治療することも大切です。

月経は毎月起こることだからこそ、月経前症候群の治療は難しいと思っている方もいるかもしれません。ですが実際には、低用量ピルを服用することで簡単に治すことも可能です。低用量ピルを用いたホルモン療法を受けることで、毎月のイライラを解消し周囲への影響を無くすこともできます。そもそも妊娠中に月経前症候群が発生することはないので、低用量ピルを服用することで症状を改善できるのです。

実際に低用量ピルを服用して月経前症候群を改善したいというとき、1つ注意しなければならない点があります。それが効果の感じ方には個人差があるという点です。月経前のイライラが0になったという方もいれば、症状が多少緩和できただけというケースも見られます。効果の感じ方には個人差があることを理解して、低用量ピルを服用していくことも大切です。

月経前症候群に低用量ピルの効果がどのくらいあるかは人それぞれなので、服用するかどうかは個人の判断で検討することが大切です。不安な点があれば病院に行って相談することで、症状に応じた形で対応してもらえます。また効果を期待するためには、毎日の服用が大切なことを忘れてはいけません。低用量ピルは毎日服用することで効果が発揮できるものだからこそ、飲み忘れに注意することで月経前症候群という目的に対する成果が期待しやすくなります。