どのような問題が相談できるか

>

こんな相続の問題の手助けをしてくれる

経営方針の相談と分析

経営のコンサルティングや税制や会社に次ような資金繰りについて、契約をしている税理士と相談をする事が可能です。
会社の業績を分析してくれる税理士は、税制以外に会社の経営のパートナーとして重要になります。

税務諸表やキャッシュフロー計算書を作成さしたり、これらの書類から分析を行います。
経営上の問題点を税理士の立場からアドバイスするのが特徴になります。

原因をつきとめて解決をするまでが経営コンサルタントとしての役割です。
会社側が気がつかない問題点を見つけ出し、経営を潤滑に行う手助けをします。
経営の勉強をしている税理士にこのような問題がある会社は相談をすると、業績が改善する可能性があるので利用を検討しましょう。

資金繰りが間に合うように相談する

税理士に相談したい会社の問題に、資金繰りについてがあります。
経営の分析ができていなかったり、資金繰りがあまり得意でない会社にとって大きな問題点です。

毎月のお金の流れを正確に把握するために必要な書類を作成して、分析する事から始めましょう。
税理士にキャッシュフローの作成から資金繰りの相談までお願いをする事が可能です。
会社の規模によりますが、中小企業だとこれらの業務が正しく行われていない場合があり、それが経営の問題点になっています。

内部のスタッフで手が回らない場合は、外部の専門家である税理士が行える代表的な内容です。

決算の業務や納税の作業は企業にとって大事ですが、毎月の資金繰りは会社を存続させるために必要な業務です。


この記事をシェアする