どのような問題が相談できるか

>

決算に必要な業務

税務の代行業務

税務の代行業務は、代表的な税理士の業務内容になります。
税務所への書類の届け出を税理士に依頼する会社が多いです。

確定申告の書類の作成から税務署への必要書類の提出まで本来は自社で行いますが、税理士に相談する事が可能になります。

税理士が可能な業務として確定申告以外に税務署への不服申立書や、相続税申告書等多くの内容があるので事前に費用と合わせて問い合わせをすると良いです。
代行業務の内容に関しては依頼をする際に、範囲や費用について確認をしましょう。

これらの内容は税理士のヘルプが会社で検討された場合に、スポット的な依頼が可能なので必要に応じて相談をしましょう。
業務を代行してくれるのが税理士に相談できる内容です。

起業時の手続きや立ち上げのための資金調達

これから起業をする方にとって必要な手続きや、立ち上げるために費用な資金をどのようにして調達するかを税理士に相談できます。
初めて会社を起業する方にとって、これらの手続きや資金調達を自分で行うのが大変だからです。
場合によっては助成金や補助金の相談や会計ソフトの使い方を教えてもらえます。

税理士はこれらに関する人脈が多く、手続きの方法に慣れています。
どの金融金を利用すると良いかや、具体的な会社の登記に関する手続きなどを相談できます。

税理士の中にはこのようなジャンルの業務が得意な方がいるので、契約をする際に問い合わせをすると良いです。
一人では時間的に間に合わない時に、業務を代行できるのが税理士の特徴になります。


この記事をシェアする